家庭教師の時給は高くない!?総労働時間で割るとコンビニ店員と変わらない

家庭教師は高い時給と思われがち

バイトにはいろいろとありますが、種類によっては時給が違います。中でも塾の講師だったり家庭教師のような教育関係の時給は、他の職種を比較すると高い傾向にあります。コンビニの店員であれば3桁の時給であっても、家庭教師の場合には4桁の時給になることが多いです。しかも一般的にひとつの家庭において1日2時間ぐらいが平均的な勤務時間になることが多く、そのために1日に数件をかけもちして家庭教師のバイトをしている人も多くいます。

家庭教師の授業以外の準備の時間

しかし時給はそのように高くなっていますが、実際にそれを得るために働いた時間を単純に計算すると、コンビニの店員のバイトの時給と変わらないとも言えます。なぜなら、塾の講師や家庭教師の場合には、指導をするために教える側も予習をする必要があり、授業をどのように進めるか、またテスト対策の準備をおこなったりと、実際の授業以外にも時間をかけて準備をする必要があります。そのような時間も含めて時給を考えると3桁になってしまうのです。

実際の時給は高くない家庭教師

このように家庭教師も、何人もの生徒を担当して、また何年も指導することで、予習の時間を減らすことができます。それによって実際の時給の金額もあげることができますが、これはコンビニの店員でも同じで、何年も働いていることによって時給が上がるのと同じ効果と言えます。一般に教育関係のバイトは高額と考えられがちですが、指導のための準備時間も含めて考えるとそう高額でもなく、また生徒ひとりひとりに対応して指導することが考えると、一般的なバイトの対価とそう変りないのです。

家庭教師のバイトは主に、大学生や大学院生がすることが多いバイトです。友人からの紹介や求人雑誌へ応募するなどして家庭教師になることができます。